認定証のお申し込み
with BABYへのお問い合わせ
宣言企業様専用ページ
with BABYからのお知らせ

『育児ストレス』

こんにちは!with BABYです。

 

緊急事態宣言で、不安な毎日ですが、

一人一人が気をつけて、感染拡大を防ぎたいですね。

一日も早く、元の日々が戻ることを祈っております。

—————————————————————————————————————————–

今日は『育児ストレス』についてお伝えします。

 

「ついつい子どもに大きな声で怒鳴ってしまった…」

「子どもに対してイライラしてしまう…」

 

子育てをしている親の9割が抱えていると言われる育児ストレス。

それに加え、コロナウイルスで休校や休業になり、

自由に外出が出来なくなった今、そのストレスが溜まり蓄積されている家庭も多いのではないでしょうか。

では、何に対してストレスを感じることが多いのか?

 

  • 家事や仕事など、物事が思うように進まない
  • 家族が育児に対して理解がない
  • 自分の時間が全く取れない

 

こういった声が多く上がります。

今までは、保育園や幼稚園に預けたり、ご両親に預けたり、

一時預かりを利用したりという方法で、少し自分の時間を確保する方法はありました。

ですが、コロナウイルスの影響により、今はそれも難しくなっています。

では、どうやってこのストレスに立ち向かうのか?

 

  • 諦めることができるものは諦める。

こう言うと、何を諦めるのか?ということになりますが、

身近なところで言うと、今すぐ洗濯をすること、掃除機をかけること、

決まった時間に食事をすること、決まった時間に寝かせること、等です。

もちろん、可能な日は実行すれば良いわけですが、

それを実行することが出来なさそうだ、それに対して大きなストレスを感じるという時、

「まぁいいか」と諦めてしまうことも一つです。

今日は諦めたとしても、また気持ちが落ち着いた時にリカバリーすればいいのです!

  • 責めたい時はお願いする。

家族の理解がないと感じる時、どうしても相手を責めたくなりませんか。

「なんで手伝ってくれないの!」「なんでわかってくれないの!」と、咄嗟に口から出てしまうものです。

落ち着いてから口に出すということが出来ればベストですが、

イラッとして何か言いたいタイミングって止められないものですよね。ですので、言葉をちょっと変換してみます。

「ちょっと手伝って~!」「あなたにわかってほしいの!」

口調が同じであっても、言い方を変えるだけで、何となく印象が変わりませんか?

 

  • 自分の時間は作ってしまう。

今は1人で外出することも難しい情勢です。

こうなったら、無理やりにでも自分の時間を作ってしまいましょう。

子どもがDVDを観ている間にティータイムにする、本を読む。

子どもが寝てから映画を観る、ヨガをする等。

日中は少しの自由時間を確保するために、テレビやゲームを使うこともたまには良しとしましょう。

 

  • 子どもと一緒に楽しめる時間をつくる。

実は、これが一番ストレス解消になることがあります!

子どもと一緒に映画を観る、一緒にゲームをする、一緒に本を読む、一緒におやつを食べる、一緒に寝る。

子どもの楽しそうな表情を見ると、親も表情がほころびます。

その柔らかい表情を見て子どもも癒されるのです。

 

子どもの脳に良い刺激を与えるもの、一番良い刺激を与えるもの、何だかわかりますか?

 

家族の笑顔

 

大変な時間が多い子育てですが、今という時間を楽しめる方法を考え、実行しながら乗り越えていきましょう!

 

 

社会全体で子育てを

それがwith BABY

『with BABY』パートナー企業